死にたくないのに生きたくないです…死にたくないというよりは…

質問と回答
  • 死にたくないのに生きたくないです…死にたくないというよりは死ねないと言ったほうが正しいか。長文です… 私は、四肢障害を持っています。主に指の欠損と骨盤の形が違うとか? 中3です。 障害について、からかわれたりいじめられる事は小一の時たまにあったりしたものの、それ以降はないし、私は友人にも、生まれた環境にも、かなり恵まれているほうだと思います。自分で言う事ではないけれど、学校の担任や塾の先生などに地頭を褒められなかった事がないし(お世辞も含まれているでしょうけど!)。 生きたくないものの、恵まれている方であろう私が死んでも良いのか、今までさんざん周りの人に迷惑をかけてきたのに、あっさりと死んでいくのは卑怯なのではないか。ここで死んだら、周りの人の中では構ってちゃんだったという記憶しか残らない。(この質問が構ってちゃんだと思われるかもしれませんが、ネットでしか言えないので我慢)と思うと、死ねません。 でも、障害を持っている事が、生活する上で、将来を考える上で重荷でしかありません。生活をする上では言うまでもなく嫌な事ばかりですが、将来については、障害がもし遺伝だったらと考えると、妊娠なんてできないし、そもそも障害を持っている私に人並みに恋ができるわけないと思います。五体満足な子供が生まれたとしても、子供にとって親が障害を持っている事は絶対にマイナス。障害を理由に就職に不利になるかもしれない。この先、絶対できない事が何個も出てくるかもしれない。そう考えると生きるのが嫌になります。 リコーダーが嫌すぎて今日は学校を休んだし(リコーダーが嫌すぎて前日から腹痛吐き気、頭痛があったというのもあります)、できない事を、休むという形で逃げる私もどうかと思うんです。 「これから先、嫌な事ばかりなんだから、それくらい乗り越えろ」と言われたとしても、できない事は出来ないし(それについて将来も不安)、「人生良い事あるんだからそれまで頑張ろ」とかどっちなんだよ!って話です。 不登校になりたいですが、今まで親には教育費をたくさんかけてもらっているし、簡単には不登校になれません。普通に友達もいるし。 また、友達、クラスメートの中に、「あいつ(私でなく)頭おかしい。まじ障害者でしょw」とか言う人が少なからずいます。私が真の障害者である事を把握してないのだと思います。それを聞くたびにひやっとしますが、指摘できません。 死にたくないのに生きたくない状態をどうすれば良いのか、また、障害を気にしなくても生きていける何か良いアイデアを教えてください。