術後のストレスについて。

質問と回答
  • 術後のストレスについて。34歳、十二指腸潰瘍から急性凡発性腹膜炎、敗血症性ショックから循環不全、呼吸不全、急性腎不全、縫合不全、重度感染症を経て現在は一般病棟にてリハビリするまで回復 に至ります。 脳の炎症も大分治まった所です。嚥下は問題なく声帯麻痺も少しづつ治まり小さいハスキーボイスです。 四肢の麻痺や神経障害があり、現在リハビリで少しづつ良くなっています。上肢は自力で(震えもありますが)ご飯が食べれる、文字が震えながら書ける程度。下肢は左足はなんとかつっぱれ屈曲も可能、右足が一番症状が酷く運動神経感覚神経共に反応がイマイチだそうで、曲げ伸ばしはできますが持ち上げたり足首を動かすことはできません。 本人はリハビリを頑張っており、やる気もここ数日感心するほどです。 ここで1つ問題が出てきたのですが、睡眠障害です。最近は昼間もボーっとしたり本人も寝てるのか起きているのか分からない状態のようです。二日ほど前は寝ぼけてベット柵を引き抜き看護師に叱られたと聞きました。本日は昼間に寝たと思ったら両手がプルプルしだして手を伸ばしたりもぞもぞ動いたり何か話をしたり、声をかけると『なにしてた?ねてた?』という反応です。現実と夢の区別がつかない情況だと思います。それと手を伸ばした先に点滴棒があり倒してしまわないか心配です。 本人も相当ストレスがたまり今日のリハビリでもボーっとして反応が薄かったり。ベット上でもボーっとしたと思えば寝ていたりします。声をかけると寝てるのか自分で分からないようです。『もういやだ』と、自由に動かない身体、ハッキリ出ない声、臀部にできた褥創、尿カテーテルすべてに参ってしまっています。 元々精神的に弱く、数年前には精神病(鍵をかけたか気になって気になって仕方ない症状)などなっています。 やはりストレスでしょうか?夜も寂しいから帰らないでくれと悲願され、私も臨月の妊婦で困っておりますが付き添いできるなら夜は夫の母が泊まりでも構わないと言ってくれています。 病院に直接聞くのが一番なのですが、主治医が毎日来るわけではないので心配です。市立病院などは個室は付き添いできるものなのでしょうか?また、個室は数日指定後大部屋などの移動は可能でしょうか?病院にもよると思いますが教えて頂けると、入院先にも相談しやすくなるので回答お願いします。
  • 見てる方がつらいですね。 お気持ちが伝わります。 市民病院などの個室での付添いは可能です。 大部屋への移動はご本人がストレスになるかをご家族で相談された方がいいと思います。 タイミングがあると思うので。。 今、ご家族だけしか会いたくないなら、個室がいいと思います。 本人さんが1番辛いので、負担になることを省かれていかれた方がいいと思うのです。 幻覚も、(お薬の影響なんだよ)と言って安心させてあげて下さい。 主治医の先生とも良く相談して、ゆっくりリハビリなどに向けて行かれたらと思います。 お大事に。。