認知症患者からの暴力はどうやって防ぐ? 認知症の患者は 女…

質問と回答
  • 認知症患者からの暴力はどうやって防ぐ? 認知症の患者は 女性介護者の胸を揉もうが妊婦ナースを蹴り飛ばして転倒させようが 罪になりません。 危険を察知できずやられたほうが、現場では責められます。 「あのひと、危ないの知ってるでしょ?気をつけてくれないと困るよ」って介護者や看護師が叱られたりする。 ではこの場合、どうやって認知症患者からの性的暴行や肉体的暴行を防ぎますか? 一 認知症患者は完全に隔離し、手足を拘束して昆虫を育てるように介護なり看護する。 二 認知症患者を常に睡眠薬漬けにし、ほぼ眠らせた状態にして介護、看護する 三 男性介護士、看護師に担当してもらい、一発や二発殴られるのは我慢してもらって、あとで殴られた回数×一万円を介護料や看護料に上乗せする。 思いつくのはこれくらいですが、どうやれば認知症患者の暴行を防ぐことができますか?
  • 介護施設で働く看護師です。 1)暴力が酷い場合は、精神科などへも受診して頂き、薬剤などの調整をしてもらう。 2)ケアや声かけのタイミングを工夫する。例えば食事が終わって、テレビを見始めたのに「昼食後にトイレな行く決まりになっていますので行って下さい」なんて杓子定規ではなく、テレビをつける前に「実は息子さんの○○さんから電話で改めて頼まれたのです。素敵な声の方ですね。いつも見てる△△のドラマが始まる前に行ってしまいましょう。今、見てきたらトイレちょうど空いてたから、私予約してきました。」 なんて感じに。ケースバイケースですが。また、誘う人の性別や年代を代えてみるのも1つの手です。 3)2をやってもダメなら、その方が暴力に至るきっかけになるケアや処置があるなら、ケアマネ、ご家族様の同意を得た上で、それらのケアや処置を中止する。 4)介護・看護が協力して、その方が落ち着いて過ごせたり、集中できることを探る。 5)複数で対応するという方法もありますし、興奮したら強行はせず、一旦距離をおくというのもありです。