血中濃度について 躁うつ病(双極性障害)の者です。

質問と回答
  • 血中濃度について 躁うつ病(双極性障害)の者です。 以前はリーマスを処方されていましたが、全く効いていなかった為、現在はデパケンRを飲んでいます。 ネットなどでお薬について調べると、リーマス、デパケン共に、1200mg/日が最大量と書いてありますが、私の場合、リーマスもデパケンも1200mgよりも多く処方されていました。 ここ数ヶ月は減りましたが、それでも最大量の1200mg/日を飲んでいます。 そこで質問ですが、最大量よりも多く処方されてしまうのは何故なのでしょうか? 他人よりも効きにくい体なのでしょうか? それとも、状態が良くないのでしょうか? ちなみに、病院は何度か変わりましたが、そのたびに躁うつ病と診断され、薬も結局同じくらいだされます。 今の主治医のおかげで、本当に良くなりましたが、主治医いわく、減っても1錠なので、1000mg/日です。 私の場合は、一生飲み続けなくてはならないようです。 ちなみに同じ病気の知り合いは、妊婦ではないのに、飲まなくていい状態で、眠れない時に睡眠薬を飲むくらいらしいです。 これは何の違いなのでしょうか? 分かりづらい文面で申し訳ありませんが、宜しくお願いします。
  • 確かに1日あたりの上限は1200mgですが、人によっては効果がない場合があり、 追加することで初めて効果が現れる場合があります。 ただし、リーマスは過剰摂取すると中毒を起こすため、定期的に血中濃度を検査する 必要があるので、処方に慎重な医師が多いようです。 私の場合、リーマス・デパケンともに600㎎しか処方されず、回復に時間がかかりました。 それから考えると、あなたの主治医は病気をよく理解して薬を処方していると思います。 うつ病の薬は開発が進んでいますが、そう病の薬は遅れています。 現在はこの2種類の薬が主流ですが、効果は保障されています。 主治医の指示どおり服薬すれば快方に向かうと思います。 何より健康な心を保つためには薬を飲み続ける必要があります。 考えると辛いですが、高血圧など他の持病で一生薬を服薬する人はたくさんいます。 あせらず、ゆっくりいきましょう。