初めまして。

質問と回答
  • 初めまして。更年期障害、顎関節症とそれに伴う全身の痛み等について質問致します。 一昨年更年期障害の診断を受け、プレマリンを服用継続中です。気分的に落ち込み抗うつ剤を服用したらあくび が凄く出て、そのうち顎がコキッと鳴り、違和感を感じるようになりました。その頃疲れやすく、婦人科医師から無理せず休むよう言われました。 そのうち首、肩、肩甲骨、腰が痛み出し、家事もできずほぼ寝たきりが続いています。 10年前まで介護福祉士をしていて、超過重労働から躁鬱病になり、今は躁でも欝でもありませんが、何せ体中が痛く、不眠で眠剤のみもらっています。 昨年整形受診し、頸椎症、変形性脊椎症と診断され、腰痛体操の冊子を渡され、漢方の処方のみ。 整体やカイロにも行きましたが、悪化する始末(;_;) 今年夏から口腔外科で顎関節症の治療を始め、マウスピースを作り使用中ですが、体が痛くて治療中断しています。 そこの歯医者で最初に頸椎症等のことも伝えましたが、私は歯医者だから首は見ないと言われ、不信感を持ちながらも通っていました。 マウスピースも賛否両論のようで、どうしたら良いものか・・ 他に泡状唾液もあり、げっぷ、ガスで困っています。 歯医者では泡でも唾液には抗菌作用があるから、ここは病院だから気にせず飲み込んで、げっぷ、ガスもどんどん出して、と。 体の痛みがひどくなった頃から明らかに頭蓋骨が変形し、起きている間中幻聴に悩まされています。 ネットで調べた体幹を鍛える体操を始め、ほんの少しだけ痛みは軽くなったような・・ 自律神経失調症も自覚していて、改善方法もわかっていますが、泡状唾液で深呼吸ができません。 食事もそのため満足にとれません。入浴も苦しいだけです。 顎関節症は最近右に口が寄り、悪化してきたなと思います。開口障害はありませんが、食事中もカクカクします。 股関節、膝関節もガクガク音がし、病院にはヘルパーさんの介助で行っています。 最近この知恵袋で見た自力で顎関節症を治した方の方法を取り入れていますが。 更年期のせいか自律神経のせいか下半身も凄く冷えます。 あまりに症状が多岐に渡り、どうしたら良いものかわかりません。 どなたかアドバイスをお願い致します。 長文、乱文で申し訳ありません。
  • ホルモン異常、脊髄異常、かみ合わせ異常、異常ストレスが、脳神経を失調させ、顎関節症を引き起こすようです。 根本原因を発症時期等から特定しないと治らないでしょう。 マウスピースは調整できないので、悪化する場合はやめといたほうが良いでしょう。こんなもの歯科医師の金儲けの手段以外の何者でもないでしょう。6つも7つも作成している方がいると医療文献に記載されていました。問診もせず、金儲けのために勧めてくるだけです。 <<顎関節症の医療文献、薬学の知識、生理学の知識もとに記載ものです。判断を誤らないように参考に。可能性がある方に回答しています。当然該当しない方もいます。>> かみ合わせ異常or異常ストレスor重度身体障害→脳神経失調→目、耳、鼻、口腔、筋肉、内臓等の異常 以上が、通常の顎関節症の流れです。 1顎関節症の原因 医療文献には以下が顎関節症の原因として、記載されている。 ①噛み合わせを異常にする原因がある 歯科医師の不良人工物(高い、低い、きつい、ゆるい、下顎の運動を止める)、不正咬合調整(天然歯、正常人工物を削る)、矯正、抜歯、虫歯放置、前の歯を押すまたは埋没親不知、歯根膜が感知するように永久歯が異常に生えた(開咬、受け口、歯並びが悪い等)。 ②骨折等の重度障害(知恵袋による重度の体の歪、脊髄側弯症、ストレートネック) ③監禁等重度ストレス(知恵袋による学校、職場でいじめにあった自律神経失調) 2治療法 医療文献には、かみ合わせに原因があることがはっきりしている場合(噛み合わせを異常にする原因の存在とそれ以後の発症)は、咬合調整(10μmの早期接触除去)を、その他の場合は可逆的な、マウスピース{咬合紙(厚み30μm)で調整できないので顎関節症の原因となる}を選択するとあります。 頬杖、顎を殴られた、硬いものを食べた等物理的負担によるものは通常自然治癒です。 3症状 症状は頭痛、目眩、嘔吐、思考力低下、鬱、不眠、情緒不安定、歯を破壊する歯軋り・噛み締め、咬合痛(歯根膜炎)、顎関節痛・音、肩こり、腰痛、下痢、関節痛、神経痛、手足の痺れ冷え、筋肉の痙攣、不定愁訴、その他多くの全身症状。 かみ合わせ異常の顎関節症は、時がたつにつれて症状が重くなっていきます。歯科医師が、自己の治療と顎関節症の発生を知られたくない、認めたくないために説明しないのと、原因時と症状の発生時期がずれるので、患者は、歯科治療と結びつけられません。 4次の顎関節症は歯科医師は治せません。大学に行きましょう。 矯正、抜歯、一度に複数本治療した、不良人工物を放置次々治療した、正常人工物または天然歯を複数本削った、永久歯が異常に生えた場合の、かみ合わせ異常は、歯科医師は治せません。咬合紙(厚み30μm)では顎関節症の原因10μmの早期接触位置は特定できないからです。 大学も治せませんが、難病を取り扱うところです。 早期接触位置を特定して、歯根膜が感知しない均等加重にする必要があります。 早期接触位置特定、治療法は以下参考に。 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n324888