体力がないので、ダイエットも兼ねて運動をしたいと考えています。

質問と回答
  • 体力がないので、ダイエットも兼ねて運動をしたいと考えています。 情報としては以下の通りです。 ・20代半ば、女性、日頃の運動量:少、体型:太 ・体力:ほぼなし(早歩きですぐ息切れする。 ) ・過去にヘルニア及びぎっくり腰の経験あり(現在も軽度の腰痛あり) ・自律神経失調症と思わしき症状あり(起立性低血圧、運動による息苦しさと吐き気、偏頭痛) ジョギングは現段階では無謀ですので、部屋でラジオ体操+ストレッチをしてから家の近くをウォーキング(最初は数十分、慣れたら徐々に増やす)しようと考えています。 行う時間としては朝(5時前後~)と夜(21時前後~)どちらがお勧めでしょうか? 注意としてはこれからの時期暑くなるので、水分補給はしっかり行うことを忘れずにいるくらいですかね? なにか参考になるご意見や知識など有りましたら回答お願いします。
  • 元運動部です。 自分は朝をお勧めします。この時期でも朝は十分涼しいですしいい生活リズムを作れると思います。また朝起きての運動は脳の目覚めにも繋がるので健康面から考えてもダイエットにしてもいい生活習慣ができると思います。 夜は寝る前に運動をすると睡眠の質が低下するのであまり良いとは思えません。夜は寝る前にストレッチ程度で十分だと思います。 また、食生活も大切だと思います。夜はあとは寝るだけなのでそんなにたくさん食べる必要は有りませんが、朝は寝ている間の「絶食」期間の補充、またその日1日分のエネルギー確保のためにしっかり食べるべきと思います。 腰痛に関してですが自分も現役時代に腰を痛めています。普段コルセットは着けているでしょうか?やむを得ない場合を除いて普段はつけないべきです。コルセットに頼ってしまってインナーマッスルが弱まり余計悪化します。トレーニングとしてはインナーマッスルを鍛えることです。仰向けになって足の付け根に手を添えます。そこから手をももに沿わせながら腹筋の要領で手が膝まで沿うように上げていきますが、この時無理に上げようと反動を使うと帰って腰に悪いです。息を吐きながらゆっくりと、お腹の内側を意識しながら引き締める感じで力を入れます。膝まで上げられないようでしたら無理にあげずに上げられるところまで上げます。限界のところで一呼吸おいて同じようにゆっくりと息を吐きながら状態を下げて行きます。この時もお腹の内側を意識しながら行ってください。自分はこれだけで腰痛を克服しました。 またお尻の筋肉のストレッチも行ってください。ここの筋肉が疲労していると腰痛に繋がるので、寝る前にしっかりと行ってください。 運動部では体力がつくのには3ヶ月続けてようやく成果が現れると言います。根気強く頑張ってください