腰椎椎間板症と言われました。

質問と回答
  • 腰椎椎間板症と言われました。同じような所見でも腰痛のない人は沢山いるよと医師は言います。やはり筋肉がものを言うのでしょうか? ウォーキングでさえ帰りは腰がじんわりと痛くなってしまう ほどです。こういう程度の時は、痛みが収まるのをまって腰痛体操をした方がいいでしょうか?激痛ではないですが。。。
  • ○なぜ痛いか 下図の(腰椎を横に切ったところ)をご覧下さい 腰椎は5個ありますが、上下の腰椎は3カ所でつながっています 椎間板と左右の椎間関節です つまり腰椎にかかる重力を、3カ所で受け止めています (腰椎を横に切ったところ)をご覧下さい 椎間板の厚さが狭くなるのが腰椎椎間板症です すると、腰椎が不安定になります また椎間板が椎間板にかかっていた重力が、椎間関節に多くかかる様になります この結果椎間関節が傷みます また、箇所は神経が密であり、痛みの原因となる箇所です また腰の運動で擦れる場所です 椎間板症になると、腰椎が不安定になり椎間関節が傷みますが、腰椎を支える筋肉が発達していると、不安定さは起こりません ○対策 まずは椎間板症になった原因を除く事です 肥満があるならダイエット、姿勢が悪いなら矯正する必要があります 次に腰椎を支える筋力を強化し、不安定性を補います これが腰痛体操です ただし痛みが強い時は安静が必要です 腰痛を起さない様に、体操をして下さい ウォーキングもやり過ぎると、歩いた時の衝撃が椎間関節に響いて悪化させます 腰痛の治療法をこちらにまとめました http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n242613 参考になれば幸です