腰痛体操であおむけになり、膝を左右に動かす体操があります…

質問と回答
  • 腰痛体操であおむけになり、膝を左右に動かす体操がありますが、これはどこのストレッチをしているのでしょうか? なぜ腰痛に効果的なのかも教えて下さい。
  • 間単に説明すると、疲労や痛みが原因で縮んで硬くなった腰回りの筋肉の緊張を、腰を捻ることで、和らげ、動きやすくすることにより、腰の痛みを緩和させる効果があります。 腰が痛い時は、前屈や後屈のストレッチは、痛くて良く出来ませんが、日常生活では、あまり行わうことのない、腰を捻る動作を行うと、比較的、痛みを伴わずに、腰回りの緊張を緩めることができるからです。 もっと、専門的に説明すると、背骨の部分のストレッチです。 背骨は、脊柱と呼ばれ、「頚椎」が7本、「胸椎」が12本、「腰椎」が5本の合計24本の「推骨」から構成されています。 「推骨」と「推骨」の間には一定の間隔があり、その間隔が保たれることにより、滑らかに、背骨を色々な方向や角度で曲げるような、体の動作が可能になっています。 背骨を支え、動かしているのは筋肉ですが、その筋肉が加齢で弱くなったり、運動不足や、不良姿勢の連続による疲労等で萎縮し硬くなると、滑らかな背骨の動きに不都合が生じることで、痛みを発症する原因となり、その部位が5本ある「腰椎」の場合が、腰痛になります。 なので、背骨が滑らかに動けるように、萎縮し硬くなった腰回りの筋肉の緊張を、腰を捻る動作で緩めれば、痛みの緩和効果があるというということです。 ちなみに、ヨガの中に、仰向けに寝た状態で、尾骨の辺りから背骨の一本一本の動きを順番に感じながら、お尻をゆっくりと上げて行くブリッジの動作がありますが、これも、「推骨」と「推骨」の間隔を滑らかに動かすエクササイズですので、腰痛緩和の効果があります。