腰椎分離症について 妊娠後期から激しい臀部(右側)の痛みに度…

質問と回答
  • 腰椎分離症について 妊娠後期から激しい臀部(右側)の痛みに度々歩行困難になるほどでした。産婦人科では坐骨神経痛だと言われ、妊婦さんにはよくあると聞き、出産したらなるだろうと信じ耐えてきました。 昨年無事出産をし、激しい痛みもほとんど軽減され、少し右臀部に違和感が残るだけになっていました。その後も育児で軽い腰痛を感じたりしていました。最近出産から半年がたつんですが急に激しい痛みが右臀部に起こり動くことができませんでした。少し休むとゆっくりですが動けるんですが、立ち上がる動作、寝返り、前屈など痛くて大変です。整形外科を受診しレントゲンを撮ってもらったら「腰椎分離症」と診断され、コルセットを巻いて生活することになりました。腰椎分離症は小さい頃によくスポーツをしていた人がなると聞きましたが、私はほとんどと言うほど運動していませんでした。やっぱり妊娠が原因なのでしょうか?数日極力安静に過ごしていると痛みは徐々に解消されたんですが、やはり少し無理をすると臀部がじりじりと痛み出します。このままでは育児や家事に支障がでて困っています。接骨院など行った方が良いのでしょうか?また良い治療方法など知っている方教えてください。宜しくお願いします。
  • 私も分離症で、今年の4月に手術しました。 私の場合は、スポーツ(陸上)をしていて、分離症になったのにそのまま練習を続け、 どんどん悪化。 杖をつかなければ歩けないほどになり、手術を決意しました。 分離部をチタン(人口骨)で固定する手術です。 「分離症」といいますが、実質的には「骨折」(疲労骨折)です。 スポーツが原因の場合もありますが、元々腰が弱かったのが妊娠で負担が加わった・・ というケースも十分考えられます。 骨折すると、折れた骨が伸びて修復しようとしますよね。 若い(中学生くらい)とくっつく場合もあるようですが、私の場合は伸びた骨が神経に 突き刺さり、激痛をもたらしていました。 分離症であってもヘルニアでも、痛みがまったく出ない人も半分程度います。 違いは、神経にあたっているかあたっていないか。 これをしっかり把握するためには、町医者レベルでレントゲンではだめです。 「造影剤」をうち、MRIの検査が必要です。要入院(1泊2日程度) 私の考えでは、接骨院や整体では治らないと思います。 特に私のケースのように、骨が棘のようになっていた場合は、手術で骨を削る以外 方法がありません。 お子さんがまだ小さいのに、いきなり手術なんて・・と思われるかもしれません。 もちろんです、今決めなくても一度評判のいい大きな整形外科で、 検査だけでも受けられたらどうですか? ちなみに私は、まだ仕事もお休みをいただいていますが、痛みはほとんど取れました。 私も手術については悩みましたが・・。参考にさせていただいたブログなどを ご紹介します。(お1人は女性です) http://blog.goo.ne.jp/kuech/e/493f574d884e5531030946f6c2a487cc http://www6.plala.or.jp/nekodi-/ (すべり症は分離症が発展したパターンで、椎間板ヘルニアも腰椎固定術は 分離症手術と同じ術式です) お大事に。